いろんな所からの水漏れ、修理は大変だから業者に一任

いろんな所からの水漏れ、修理は大変だから業者に一任 最近のマイホームは、快適な生活のため水回りがいくつもあります。しかし、水回りがいくつもあると水漏れトラブルの可能性は増えます。水が漏れている場所によって、対応する修理方法は異なります。日曜大工に自信のある人でも、経験がなければ、水のトラブルには対応しないことが賢明な判断です。間違った修理をしてしまうと、二次的被害が発生するリスクが非常に高くなります。業者に任せることが、最も早い水のトラブルの解決方法になります。
しかし、私たちでも行えることがあるので、その実践が業者のサポートにもつながっていきます。水のトラブルを見つけたとき、私たちがどのような行動を取れば業者にとっても助かるか考えてみましょう。

■掃除はとても大切

水漏れトラブルは、日ごろから水回りを清潔にしていると気がつきやすいものです。汚れがひどい場所やゴミが溜まっている状況では、水漏れのトラブルなのか判断できない場合があります。日ごろから水回りを清潔にしていると、水が漏れている状況に、早く気がつきます。水を流していないのに、水回りが濡れていれば疑問に思うことができます。この疑問を解消するために、周囲を確認することで、どのような状況になっているか私たちでも理解することができます。
水が濡れている状態が続く場合には、水漏れを疑って業者に相談することになるでしょう。業者も状況を的確に伝えてくれることで、どのような対応をすれば良いか修理方法を検討しやすくなり、ある程度の修理予想に応じた部品などの準備が可能になるでしょう。

■映像に残す
水が漏れているトラブルを見つけても、勘違いだと考えてしまうことがあります。子供が濡らしてしまい、それを水が漏れていると勘違いしてしまうこともあります。しかし、気になる状況であれば、その映像を残しておくと修理をする時に非常に役立ちます。いつもと違う異変を感じたら、その映像を保存しておき、何度も同じような状態を発見する事態になれば、水が漏れているなど、水のトラブルが発生していると判断できます。
映像は、トラブルが発生している証拠となり、業者にその映像を見せながら現地で説明することも可能です。最初は単なる勘違いでも、それが確信に変化するきっかけとなります。

■現場はあまり触らない

水漏れの場所を発見したら、そのまま放置しておくのが1番良い判断です。そして業者に連絡をして対応してもらうようにすれば、状況を悪化させずに修理を行ってもらえます。水のトラブルを見つけた人のなかには、自分たちで解決しようと修理を行う人もいますが、状況によっては部品が必要な場合や技術がなければ完璧に対応できないこともあります。
素人判断によって適切でない方法で対応してしまうと、より被害が大きくなってしまう恐れもあります。また、不十分な修理を行うと問題は解決されず、より状況がひどくなり、大掛かりな工事をしなければならなくなることがあります。小さな子供がいる場合には、注意が必要となります。

■まとめ
便利に生活できるように機能が充実しているマイホームになると、水回りの数も増えていき、各階にトイレや洗面所などを設置することもあります。水回りが増えれば、それだけ水のトラブルが発生する確率も高くなっていくものです。私たちが水のトラブルに気がついたときには、自分で修理をしようと挑戦するよりも、場所を保存して業者に連絡することが被害を少なくすることにつながります。小さな子供がいると水が漏れている場所で遊んでしまう場合もあるので、注意しましょう。
また、問題の箇所を映像で残しておくことは、業者に説明をする時にも非常にわかりやすく伝えることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース