便器の水漏れは修理では対応できない

トイレで発生した水漏れのなかには、修理では対応できないことがあります。業者が状況を確認をして、トイレの交換が必要なトラブルもあります。これは、トイレの利用の仕方や利用した期間により発生する水漏れのトラブルです。

■経年劣化による破損

トイレの便器は、陶器製が一般的ですが、長く利用しているとヒビが入り水漏れの症状が発生することがあります。長い使用年数を経過しているトイレの便器において発生してしまうトラブルですが、水が漏れている場所を塞ぐだけでは、他の場所で同じようなトラブルが発生するリスクが高くなります。
そこで、トイレの交換する工事が必要となります。修理では対応できないトラブルなので、思い切って交換をすることで問題が解決できます。

■使い方による破損

トイレを長く利用していない場合でも日ごろの使い方が乱暴だと便器の破損を招いてしまいます。トイレの便座が割れるだけでなく陶器製の便器にヒビが入ってしまう状態は、修理をするだけでは対応できないことがあります。思い切って新品のトイレの交換を決断をする必要があります。
長く利用していないと破損しないものですが、普段の使い方によっては破損するリスクがあるので、長く利用したいときには大切に使わなければいけません。

■まとめ
トイレの便器自体が破損してしまったら、トイレの交換が最も早い問題解決になります。修理をするだけでは、同じようなトラブルが発生するリスクは解決されていないです。長く利用しているトイレは、使用年数の寿命があるためトイレの交換の必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ