見えない場所の水漏れのトラブルは修理も大変

水道 修理をしなければいけない水漏れのトラブルでも、長く気がつかないことで被害がひどくなってしまうことがあります。一昔前の作りですと水道管が露出していることもあり、水が漏れていることを確認できますが、最近では状況が異なっているようです。

■水道管を壁や床に埋設

現在よく使われている水道管は、壁や床に埋設されており、表面から見ても確認できないものが多いです。水漏れが少しずつ発生していると、水道代も急激に高くならないことで気がつかない人も多いです。水が漏れている状況が長く続くと、床や壁に影響を与えてしまいます。
周囲が濡れてしまうことで腐ることもあります。そのため修理も大掛かりなものになってしまい、水道管の取り替え以外に壁や床の取り替えが必要になるケースがあります。

■マイホームの点検

埋設している水道管などの水のトラブルに早く気がつくためには、点検を行うことが問題解決につながります。水が漏れているときには、周辺が濡れているものなので、家の壁や床を定期的に確認することで、気が付くことがあります。雨は降っていないときに濡れていることは、水が漏れている可能性を疑うことができます。
新築だから大丈夫と、マイホームの点検を怠ってしまっては、知らないうちに被害が発生しているかもしれません。

■まとめ
快適に生活できるようになった最近の新築では、水道管などが目立たないように工夫されています。しかし、水が漏れるトラブルでは気がつかないこともあるので、マイホームの床や壁の変化に気がつくことが大切です。そのためには、定期的に点検を行っていきたいものです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ